最終更新:2014-09-30 (火) 06:51:09 (1630d)  

インターフェイスディスクリプタ はてなブックマークを見る
Top / インターフェイスディスクリプタ

FieldOffsetSize詳細
bLength?01ディスクリプタの長さ。INTERFACE は 9(0x9)Byte 固定。
bDescriptorType11ディスクリプタの種別。INTERFACE は 4。
bInterfaceNumber21インターフェイスの識別番号。複合デバイス(Composite device)の場合、異なった値が設定されなければならない。デフォルトは 0。
bAlternateSetting31代替設定を選択するための値。bInterfaceNumberが同じで bAlternateSetting が異なる別々のディスクリプタを持っている場合、ホスト側からのSET_INTERFACEコマンドで切り替えることが出来る。デフォルトは 0。
bNumEndpoints?41エンドポイント数(ただし エンドポイント0 は除く)
bInterfaceClass51クラス番号(USBクラス)。bDeviceClass(デバイスディスクリプタ) の設定が 0 だった場合、この設定が参照される。0x0 は未定義、0xFF は Vendor-specific。
bInterfaceSubClass61サブクラス番号。0x0 と 0xFF 以外は クラス番号に依存する。
HIDの時はブートプロトコルに対応しているかどうかのフラグとして使われる。
bInterfaceProtocol71プロトコル番号。0x0 と 0xFF 以外は クラス、サブクラス番号に依存する。
HIDのときはbInterfaceSubClassが指定されている時だけ意味を持つ。
iInterface81Interface の STRING Descriptor の Index 番号。0の場合、指定無し。

USB/代替設定 (bAlternateSetting)

下位ディスクリプタ

UVC/インターフェイスディスクリプタ

参考