最終更新:2011-04-01 (金) 20:31:23 (2364d)  

パーティショニング はてなブックマークを見る
Top / パーティショニング

パーティショニングとはデータを複数に分割して格納することです。データを分割することにより、性能や運用性が向上し、故障の影響を局所化することができます。巨大なデータを扱う場合にはパーティショニング機能を利用することも検討してみてください。

パーティショニングの用途

パーティショニングには大きく分けて「テーブル間の分割」「ノード間の分割」の2つがあります。この記事では主にテーブル間の分割を扱います。

テーブル間の分割

巨大なテーブルを複数のテーブルに分割します。単純に複数のテーブルに分けて格納するだけでも効果はありますが、PostgreSQL は複数のパーティションを1つのテーブルとして見せる機能を持っており、この機能を使うとアプリケーションからはテーブルがどのように分割されているかを意識する必要が無くなります。

ノード間の分割

巨大なデータベースを複数のノードに分割します。複数台のノードを使うクラスタ構成を取ることになります。PostgreSQL 本体にはノード間の分割を直接サポートしませんが、外部ツールの PGCluster?PL/Proxy? などを使うと実現が容易になります。

分割方法

  • レンジパーティショニング?
  • リストパーティショニング?
  • ハッシュパーティショニング?

参考