最終更新:2009-10-26 (月) 04:00:12 (2949d)  

意味的マルチメディア処理特論 はてなブックマークを見る
Top / 意味的マルチメディア処理特論

http://www.kki.yamanashi.ac.jp/~ohbuchi/courses/2009/sm2009/sm2009.html

講義のねらい

以下の4点を理解することが本講義の目標です.

  • マルチメディア情報に対する,意味を考慮した処理,例えば要約,認識,分類,検索,などの概要とその使い道について知る.
  • 音声や画像データの取り込みと分析に関わる,量子化やサンプリングなどの手法を理解する.
  • 音声や画像データの特徴抽出の手法,例えばフーリエ解析,ケプストラム,多重解像度解析,等,複数の手法を理解する.
  • 音声や画像データから得られた特徴を照合する手法,例えば,DPマッチング,ベクトル空間における各種の距離尺度による照合,機械学習に基づく特徴空間や意味空間における照合,等を理解する

講義資料

第一回

関連