最終更新:2011-03-11 (金) 00:44:42 (3085d)  

Adobe AIR/開発 はてなブックマークを見る
Top / Adobe AIR / 開発

http://www.adobe.com/jp/products/air/tools/

Adobe AIRランタイムにはWebKit HTMLエンジンとAdobe Flashエンジンの両方が搭載されているため、アプリケーションの構築にはHTMLJavaScriptFlash Professional?Flexを使用できます。これらのテクノロジーがAdobe AIRでは同等にサポートされているので、デベロッパーは使い慣れたツールを使用して、ブラウザー上でWebアプリケーションを構築できます。

Flashだけではできない機能

Adobe AIRではFlashでは実現できなかった以下の機能が利用できます。  

  • ローカルファイルへのアクセス
  • OSとのクリップボードによるアクセス
  • OSとのドラッグアンドドロップによるアクセス
  • タスクバーに常駐
  • 透過のあるウィンドウ
  • HTML のレンダリング表示
  • ローカル SQL データベース

SDKの種類

開発環境

パッケージ

ActionScript 3.0/パッケージ

AIRのみ

  • flash.desktop - システムアイコンを定義するためにファイルが使用する Icon クラスだけでなく、コピー&ペースト操作およびドラッグ&ドロップ操作に使用されるクラスも含まれます。
  • flash.filesystem - ファイルシステムへのアクセスに使用されるクラスが含まれます
  • flash.html - HTML コンテンツを AIR アプリケーションに含めるために使用されるクラスが含まれます。

Adobe AIR に固有の機能

ドキュメント

インストーラ

シームレスインストールというのを使う。必要なファイルはAdobe AIR SDKに入ってる。

関連

参考