最終更新:2008-11-06 (木) 17:20:41 (3908d)  

L7スイッチ はてなブックマークを見る
Top / L7スイッチ

レイヤ7スイッチではHTTPFTPなどのアプリケーション層レベルのプロトコルを認識し、パケットの具体的な通信内容を元に行き先を制御することができる。

利用例

  • Cookieパーシステンス?Cookieを使用して接続維持を行う機能 )の使用時
  • HTTPヘッダのUser-Agent:を見て携帯向けとブラウザ向けで接続先サーバ群を分ける場合
  • SOAPメッセージ内のトランザクションIDをベースに接続サーバを決定する場合