最終更新:2011-02-05 (土) 09:59:07 (3145d)  

LCIE はてなブックマークを見る
Top / LCIE

Loosely-Coupled IE

IE8から導入されたプロセスモデル

概要

IE8では、ブラウザの信頼性、パフォーマンス、およびスケーラビリティを改良する為の1つの方法としてLCIE を導入しています。

その為、IE8 はウィンドウのアドレスバーやお気に入りバーが表示される部分を処理するプロセス (フレーム プロセス) とコンテンツが表示される部分を処理するプロセス (タブ プロセス) が分離され動作します。

既定の設定では、IE アイコンをクリックするとフレーム プロセスとタブ プロセスの 2 つの iexplore.exeが最初に起動します。

IE アイコンを再度、クリックすると起動中のフレームプロセスやタブ プロセスが使用される場合もあれば、新規のタブ プロセスが起動する場合もあります。

タブ プロセスは、使用可能なメモリ量、タブ数、タブの整合性レベルなどをもとに増加します。 IE6、7 では、IE を起動した際に、1 つの iexplore.exeのみで処理され、新しいタブや子ウィンドウを開いた際も同一 iexplore.exe内で処理されます。

その為、LCIE 機能がなかった IE6、7 では新しいタブや子ウィンドウで異常終了が発生した場合、同一 iexplore.exeで処理されていたタブやウィンドウも影響を受け、同時に終了されてしまいます。

参考