最終更新:2010-02-16 (火) 20:13:56 (3071d)  

NJM2073D はてなブックマークを見る
Top / NJM2073D

新日本無線製の2回路入り低電圧動作パワーアンプ?

仕様

  • パッケージ: DIP8
  • 出力数: 2出力
  • 出力: 0.65W
  • 出力条件: RL=4ΩVcc=6V
  • 動作電源電圧(V): 1.8V~15V
  • 備考: BTL?

メモ

2073、高利得?ノイズが大きい、そして電源周りから入るノイズにも弱いって3重苦を抱えているけれど使い方次第。

NJM2073はIC自体の問題(ノイズ)が大きくヘッドホンアンプには向きません。どの回路図でも、NJM2073でヘッドホンアンプを作ることは全くお勧めしません。 このアンプを作るぐらいならLM4880?ヘッドホンアンプを作る方が100倍マシです。

NJM2073はノイズが多いとあちこちで書かれていますが、ほぼすべて電源のせいです。おそらく数十uV程度の電源ノイズが音として出力されているのでしょう。どうやらIC自体からノイズが発生しまくってる模様です。出力抵抗の100Ωをもう少し増やすといいかも知れません(;;

電源のインピーダンスを下げることでNJM2073のノイズをかなり低減できます。

通販

互換

  • TDA2822M?

参考