最終更新:2016-06-27 (月) 18:27:58 (1115d)  

OMAP/ブートローダ はてなブックマークを見る
Top / OMAP / ブートローダ

http://omappedia.org/wiki/Bootloader_Project

ブート順

ROMコード

  • 最低限のクロック設定
  • ブートデバイスを探す
    • Serial (UART3), SD Card, eMMC, NAND, and USB
    • SYSBOOT?ピン(GPIO)で設定
  • X-LoaderSRAMにロード
    • 処理
      • 第1パーティションがFATフォーマット化チェック
      • 第1パーティションにMLOファイルが有るかチェック
      • MLOファイルをSRAMにロード・実行
    • Boot ROMはSDRAMを初期化しないので、SRAM(64KB)しか使えない(u-boot のサイズは 280KB ほど。X-Loaderは22KBほど)
  • X-Loaderをアドレス 0x40200800 にロードして、その先頭である 0x40200800 にジャンプ

X-Loader

  • First level bootloader for OMAP SoCs
    • a stripped-down version of the u-boot, designed to run in OMAP's small on-chip SRAM.
    • It initializes the main off-chip memory of the system and other necessary device drivers, and then loads the larger bootloader for Linux, u-boot.
  • The x-loader configures the pin muxing, clocks, DDR, and serial console, so that it can access and load the second stage bootloader (u-boot) into the DDR
  • ピン設定
  • クロックとメモリの初期化
  • U-BootをSRAMにロードして実行
    • SDの場合:u-boot.bin

MLO

  • the X-Loader binary with a header containing the memory location to load the file to and the size of the file

U-Boot

  • 更に追加のプラットフォーム初期化
  • カーネルの呼び出し

Linuxカーネル

  • カーネルをSDRAMに展開
  • 周辺回路のセットアップ
  • ファイルシステムをマウント

ボード

参考