最終更新:2013-04-10 (水) 12:31:31 (2288d)  

Open Sound System はてなブックマークを見る
Top / Open Sound System

UNIX向けのオーディオインターフェイス規格

http://www.opensound.com/oss.html

対応OS

デバイスファイル

  • Linux/dev/mixer? - 様々な入出力音源のレベルの調整、入力源の選択、入力信号の重ね合わせを 行うためのデバイスファイルです。複数のミキサーデバイスが存在する場合は、/dev/mixer1 以降 のデバイスファイルが存在します。
  • Linux/dev/sndstat? - このデバイスファイルは、サウンドドライバの情報を人間が読みやすい形式にして 出力するためのものであり、サウンドプログラミングには使用しません。'cat /dev/sndstat' とするとサウンドドライバに関する情報が出力されます。
  • Linux/dev/dsp - PCM データの再生、およびアナログ入力をサンプリングして 録音するためのデバイスファイルです。デジタルサンプリング用のデバイスが複数存在する場合は /dev/dsp1 以降のデバイスファイルが存在します。デフォルトの入力源はマイク入力 になっています。
  • Linux/dev/audio? - /dev/dsp とデフォルトのサウンドフォーマットが異なるだけで、他は全く /dev/dsp と同じです。
  • Linux/dev/sequencer? - サウンドカード内部のシンセサイザデバイスや、MIDI ポートへ接続された外部シンセサイザ デバイスに対するアクセスを提供するデバイスファイルです。
  • Linux/dev/midi? - MIDI バスへの低レベルなアクセスを行うためのデバイスファイルです。

メモ

  • 現在はフィンランドの4Front Technologies?が開発

後継

参考