最終更新:2008-01-04 (金) 22:57:18 (4249d)  

Plagger はてなブックマークを見る
Top / Plagger

情報を収集・加工し任意の形で出力できるプログラム(フィードアグリゲーター)

  • Perlでプラグインを書ける

インストール

  • ActivePerlのインストール後、PPMでインストールできる。
    ppm>install Plagger

設定ファイル

Plaggerの設定ファイル

global: 
 plugin_path: 
  - C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin 
 assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets 
 timezone: Asia/Tokyo 
 cache: 
  base: c:\ 
 log: 
  level: info

プラグインの設定ファイル

plugins: 
 - module: Subscription::Bloglines←読み込みモジュールの指定。この場合はBloglinesのデータを読み込むためのプラグインを設定している 
  config: 
   username: atmarkhogehoge@gmail.com←Bloglinesのユーザー名を入力 
   password: hogehoge←Bloglinesのパスワードを入力 
   mark_read: 0←Bloglines上で「0」だと未読データは未読のまま、「1」だと未読を更新済みにする 
   fetch_meta: 1 

 - module: Widget::BloglinesSubscription 

 - module: Publish::Gmail←Gmailへの送信モジュールの指定 
  config: 
   mailto:atmarkhogehoge@gmail.com←Gmailへのあて先 
   mailfrom: atmarkhogehoge@gmail.com←送信元の設定 
   mailroute: 
    via: smtp_tls 
    host: smtp.gmail.com:587 
    username: atmarkhogehoge@gmail.com←GmailのIDを設定 
    password: hogehoge←Gmailのパスワードを設定
    ←「config.yaml」の最後の行は必ず改行を入れておく(この改行が抜けていると、エラーになって動かないことが多い)

コマンド

C:\> plagger

モジュール

  • モジュール?の一覧

リンク