最終更新:2010-01-31 (日) 03:39:13 (2849d)  

Sanguino はてなブックマークを見る
Top / Sanguino

http://sanguino.cc/

RepRap Research FoundationのZach Hoekenが設計開発したボード。次世代のRepRapの制御用に開発されたものだが、汎用性が高いことがわかった。そうして、 Sanguinoが誕生した。Arduinoとの基本的な違いはプロセッサArduinoATmega168を使っているが、SanguinoはATmega644を使っている。そのほかの違いは、このプロセッサの違いから派生するもの。

http://farm4.static.flickr.com/3206/2692856142_bf041a07aa.jpg

利点

  • デジタル入出力ピンが24本に増える
  • アナログ入力ピンが8本に増える
  • 60KBを超えるプログラム領域を利用できる
  • 4KBのRAMを利用できる
  • シリアルポートが2つに増える

Technical Specifications

  • ATmega644P core
  • 32 total general purpose I/O pins (some are multipurpose)
  • 8 analog pins
  • 6 PWM pins
  • 64K flash memory
  • 4K RAM
  • 2K EEPROM
  • completely through-hole construction
  • breadboard compatible
  • 100% open source
  • compatible with Arduino 0012 with minimal hacking

参考