最終更新:2019-04-11 (木) 19:54:44 (14d)  

firebase はてなブックマークを見る
Top / firebase

Functions

モジュール

関数

Firebase CLI

管理コマンド

  • コマンド説明
    firebase login?Firebase アカウントに対して認証を行います。ウェブブラウザにアクセスできる必要があります。
    firebase logout?Firebase CLI からログアウトします。
    firebase login:ci?非対話形式の環境で使用する認証トークンを生成します。
    firebase listすべての Firebase プロジェクトのリストを出力します。
    firebase use進行中の Firebase プロジェクトの設定、プロジェクトのエイリアスの管理を行います。
    firebase open?関連するプロジェクト リソースをブラウザで迅速に開きます。
    firebase initカレント ディレクトリで新しい Firebase プロジェクトをセットアップします。このコマンドを実行すると、firebase.json 設定ファイルがカレント ディレクトリに作成されます。
    firebase help?CLI または特定のコマンドに関するヘルプ情報を表示します。

デプロイとローカルでの開発

データベース コマンド

  • コマンド説明
    firebase database:get現在のプロジェクトのデータベースからデータを取得して、JSON として表示します。インデックス付きデータのクエリがサポートされます。
    firebase database:set現在のプロジェクトのデータベース内の指定された場所にあるすべてのデータを置き換えます。ファイル、STDIN、またはコマンドライン引数からの入力を受け取ります。
    firebase database:update現在のプロジェクトのデータベース内の指定された場所で部分更新を実行します。ファイル、STDIN、またはコマンドライン引数からの入力を受け取ります。
    firebase database:push?新しいデータを現在のプロジェクトのデータベース内の指定された場所にあるリストにプッシュします。ファイル、STDIN、またはコマンドライン引数からの入力を受け取ります。
    firebase database:remove?現在のプロジェクトのデータベース内の指定された場所にあるすべてのデータを削除します。
    firebase database:profile?プロジェクトのデータベースに操作のプロファイルを作成します。操作について詳しくは、Realtime Database プロファイルをご覧ください。

ホスティング コマンド

  • コマンド説明
    firebase hosting:disable?進行中のプロジェクトの Firebase Hosting トラフィックの処理を停止します。このコマンドを実行した後は、プロジェクトのホスティング URL で [サイトが見つかりませんでした] というメッセージが表示されます。

firebase help?

  • Usage: firebase [options] [command]
    
    Options:
      -V, --version                                   output the version number
      -P, --project <alias_or_project_id>             the Firebase project to use for this command
      -j, --json                                      output JSON instead of text, also triggers non-interactive mode
      --token <token>                                 supply an auth token for this command
      --non-interactive                               error out of the command instead of waiting for prompts
      --interactive                                   force interactive shell treatment even when not detected
      --debug                                         print verbose debug output and keep a debug log file
      -h, --help                                      output usage information
    
    Commands:
      auth:import [options] [dataFile]                import users into your Firebase project from a data file(.csv or .json)
      auth:export [options] [dataFile]                Export accounts from your Firebase project into a data file
      database:get [options] <path>                   fetch and print JSON data at the specified path
      database:push [options] <path> [infile]         add a new JSON object to a list of data in your Firebase
      database:set [options] <path> [infile]          store JSON data at the specified path via STDIN, arg, or file
      database:remove [options] <path>                remove data from your Firebase at the specified path
      database:update [options] <path> [infile]       update some of the keys for the defined path in your Firebase
      database:profile [options]                      profile the Realtime Database and generate a usage report
      database:settings:get [options] <path>          read the realtime database setting at path
      database:settings:set [options] <path> <value>  set the realtime database setting at path.
      firestore:delete [options] [path]               Delete data from Cloud Firestore.
      firestore:indexes [options]                     List indexes in your project's Cloud Firestore database.
      deploy [options]                                deploy code and assets to your Firebase project
      hosting:disable [options]                       stop serving web traffic to your Firebase Hosting site
      functions:log [options]                         read logs from deployed functions
      functions:shell [options]                       launch full Node shell with emulated functions
      functions:config:clone [options]                clone environment config from another project
      functions:config:get [path]                     fetch environment config stored at the given path
      functions:config:set [values...]                set environment config with key=value syntax
      functions:config:unset [keys...]                unset environment config at the specified path(s)
      functions:delete [options] [filters...]         delete one or more Cloud Functions by name or group name.
      experimental:functions:shell [options]          launch full Node shell with emulated functions. (Alias for `firebase functions:shell.)
      help [command]                                  display help information
      init [feature]                                  setup a Firebase project in the current directory
      list                                            list the Firebase projects you have access to
      login [options]                                 log the CLI into Firebase
      login:ci [options]                              generate an access token for use in non-interactive environments
      logout                                          log the CLI out of Firebase
      open [link]                                     quickly open a browser to relevant project resources
      serve [options]                                 start a local server for your static assets
      setup:web                                       display this project's setup information for the Firebase JS SDK
      setup:emulators:database                        downloads the database emulator
      setup:emulators:firestore                       downloads the firestore emulator
      target [type]                                   display configured deploy targets for the current project
      target:apply <type> <name> <resources...>       apply a deploy target to a resource
      target:clear <type> <target>                    clear all resources from a named resource target
      target:remove <type> <resource>                 remove a resource target
      tools:migrate [options]                         ensure your firebase.json format is up to date
      use [options] [alias_or_project_id]             set an active Firebase project for your working directory
    
      To get help with a specific command, type firebase help [command_name]