最終更新:2017-09-08 (金) 17:35:42 (76d)  

targetSdkVersion はてなブックマークを見る
Top / targetSdkVersion

アプリが動くことをテスト済みの最新のバージョンを指定

targetSdkVersion is supposed to indicate that you have tested your app on (presumably up to and including) the version you specify.

https://developer.android.com/guide/topics/manifest/uses-sdk-element.html?hl=ja

説明

  • アプリのターゲットとなる API レベルを指定する整数。設定しない場合、既定値は minSdkVersion? で指定した値になります。
  • この属性は、テストを実施したターゲット バージョンと、このターゲット バージョンとの上位互換性を保つために互換動作を有効にしないようシステムに指示します。 アプリは引き続き以前のバージョン(minSdkVersion? 以降)でも実行できます。
  • Android は新しいバージョンのリリースに伴って進化しているため、一部の動作や、ときには外観まで変更されることがあります。しかしプラットフォームの API レベルがアプリで宣言した targetSdkVersion? よりも高い場合、システムは互換動作を有効にして、アプリが引き続き想定どおりに動作できるようにします。 実行するプラットフォームの API レベルと一致するように targetSdkVersion? を指定することで、このような互換動作を無効にすることができます。 たとえば、この値を「11」以上に設定すると、Android 3.0 以上でアプリを実行したときに新しい既定のテーマ(Holo)がアプリに適用され、さらに大きい画面で実行したときに画面互換性モードが無効になります(API レベル 11 をサポートするということは、暗黙的に大きい画面のサポートを意味するため)。

概要

  • An integer designating the API Level that the application targets.
  • If not set, the default value equals that given to minSdkVersion.

メモ