最終更新:2008-12-13 (土) 08:44:40 (2999d)  

A5:SQL Mk-2 はてなブックマークを見る
Top / A5:SQL Mk-2

http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/a5m2/

http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/a5m2/runimage_sqlEditor.gif

特徴・機能

  • ADOまたはODBCを介したDBへの接続
    • データベースの接続はユーザーIDとパスワードを保存できます。
    • パスワードは暗号化してレジストリに保存されます。
  • SQL入力支援機能
    • Ctrl+SpaceでSQL文を解析しテーブル名やテーブルカラム名の入力補完(いわゆるインテリセンス)が行えます。
    • 副照会も解析する強力な機能です。
  • 実行計画取得機能 (Oracle/DB2/SQLServer/MySQL/PostgreSQL)
  • SQL整形機能
    • 括弧やサブクエリーを解析し、必要に応じてインデントをつけます。
    • セミコロンで区切られた複数のSQL文を一括で処理することも出来ます。
  • ";"(セミコロン)で区切ったSQLの連続実行
    • キャレット位置のみ、キャレット位置以降、全体を指定してSQLの連続実行が出来ます。
    • また、セミコロンを無視しての全体実行も出来ます。
  • 複数の結果セットをまとめて Excel へ出力
    • 複数クエリのテスト結果をExcelに出力し、保管することで、そのままエビデンスとして残すことが出来ます。
    • これは、結合テスト・総合テストで威力を発揮する機能です。
  • パラメータを使ったSQLの実行
    • ":" または "@" を使ったパラメータ指定でのSQLを実行できます。
  • テーブルやクエリー結果セットのフィルタリング(絞込み)
    • 評価式を入力して結果セットを絞り込み出来ます。
  • クエリーのコメント中にカラム名や結果セットのタイトルなどを指定する擬似命令を埋め込む機能
    • クエリーのコメント中にクエリーの細かな動作を指定する機能があります。
  • Excelと連携可能なテーブルエディタ
    • テーブル(やクエリーの結果)の内容をExcelに出力することが出来ます。
    • また、Excelからテーブルエディタに貼り付けを行うことも出来ます。
  • テーブル内容のエクスポート・インポート
    • テーブル内容をCSV形式にて、エクスポートしたり、インポートしたり出来ます。
    • このCSV形式はExcelと互換性があります。
    • また、データベース内のテーブルを一括でエクスポートしたり、インポートしたりすることも出来ます。
  • テーブルに大量のテスト用ダミーデータをインサートする機能
    • 負荷試験に使えるダミーデータを作成することが出来ます。
  • テーブル定義書のリバース生成 (Oracle/DB2/SQLServer/MySQL/PostgreSQL での利用を推奨)
    • 既存DBの解析に利用可能
  • ER図を作成する機能 (Oracle/DB2/SQLServer/MySQL/PostgreSQL での利用を推奨)
    • データベースのER図を作成し、DDLを出力したり、印刷・ビットマップの生成をしたりすることができます。
    • 既存のデータベースから、ER図をリバース生成することもできます。