最終更新:2010-06-10 (木) 08:49:22 (2958d)  

バストランシーバ はてなブックマークを見る
Top / バストランシーバ

入力と出力の方向を逆にすることができるバスバッファ。双方向バスバッファ

  • 逆向きのバスバッファがペアで組み合わされている。
  • バスへの接続の時に使う。

バスとの接続

DEVICE信号によりアドレスバスに出力されたデバイスアドレスで指定された周辺機器だけがチップセレクト状態となり、バスに接続する。他のデバイスはハイインピーダンスになっているので接続されていない扱いになる。(スリーステート)

入力か出力かの指定も行える。

同義

メモ

  • バスバッファを用いた伝送方式?を、多数の信号源?が自由に1本の信号線を乗り降りできるという意味でバス方式という。

74HC

参考