最終更新:2013-04-11 (木) 04:04:47 (2015d)  

Firefox/アドオン/開発 はてなブックマークを見る
Top / Firefox / アドオン / 開発

Firefox 拡張の作り方 (2013 年版)

作り方

  • Add-on SDK(または Add-on Builder?) を使う方法
  • 従来からある XUL オーバーレイを用いる方法 (ブートストラップ型ではない XUL ベースの拡張機能)
  • Add-on SDKを用いずにブートストラップ型拡張機能を作る方法 (ブートストラップ型の XUL ベースの拡張機能)

ファイル構成

XUL

クロム?

XULアプリケーションのユーザインタフェース構成部分をひとまとめにクロム(chrome)と呼びます。

パッケージの種類概要
contentXULJavaScriptなどのメインのソースファイルを格納するためのパッケージ
locale翻訳が可能な言語リソースを格納するためのパッケージ。拡張機能を多言語対応にするためには,言語別にlocaleパッケージを複数持たせる
skinCSSや各種アイコンの画像などを格納するためのパッケージ。複数のskinパッケージを持たせてOS別の見た目を提供することも可能

クロムURL?

  • 拡張機能のパッケージをFirefox本体へ登録して実際に利用可能にするためには,クロムマニフェストと呼ばれるファイルが必要になります。
  • パッケージを登録すると,パッケージ内の各ソースファイルのパスがクロムURLと呼ばれる特殊なURIへマッピングされて実際に利用可能となります。

クロムURLは

chrome://<パッケージ名>/<パッケージの種類>/<ソースファイルの相対パス>

のような構文となります。例えば,Firefoxのブラウザウィンドウは

chrome://browser/content/browser.xul

というクロムURLによって表されます。

クロムマニフェスト?

  • chrome.manifest

XULオーバーレイ?

あるXULドキュメントへ別のXULドキュメントを合成し,1つのXULドキュメントとして処理する機能

オブジェクトの継承みたいなの。

関連

参考

審査

コンテストの結果