最終更新:2011-02-06 (日) 23:46:33 (2362d)  

Processing はてなブックマークを見る
Top / Processing

http://processing.org/

Processingは、イメージ?アニメーションそしてサウンドプログラミングをしたいと思っている人々のためのオープンソースプログラミング言語であり開発環境です。

アーティスト?デザイナー?建築家?研究者、そして趣味として使う人が、プロトタイピングや制作のために使用でき、ビジュアルな文脈でコンピュータプログラミングの基礎を教えるため、そしてソフトウェアのスケッチブックとして、またはプロフェッショナルのための制作ツールとして使われています。Processingは、アーティスト達やデザイナー達によって、おなじ分野の商業ソフトウェアへの代替手段として開発されています。

特徴

  • JavaC++でプログラミングするよりも遥かに容易に、スケッチするようにインタラクティブなビジュアル・プログラミングを構築できる
  • スレッドダブルバッファリング?など、初級者にとってハードルとなる技術的な詳細を外し、アイデアの実現に専念できる
  • 独自のシンタックスで書かれたプログラムをJavaコードに解析する。コードは実行可能なJavaアプレットとして書き出すことが可能
  • PostScriptOpenGLの機能セットを利用した、カスタム2D/3Dレンダリングエンジンを使用
  • 既存のJavaライブラリを統合することで容易に拡張が可能
  • 無料で利用できる
  • WindowsMac OS XLinuxで実行可能

サンプルコード

int i, w, h;
color cl;
w = 400;
h = 400;

size(400,400);//キャンバスのサイズを指定
background(0);//背景は黒

for(i=0; i<4000; i++){
    cl = color(random(255),random(255),random(255),25);//最後はアルファチャンネル
    stroke(cl);//色を生成
    line(random(w),random(h),random(w),random(h));//線を引く
}

リファレンス

Processing/ライブラリ

Webカメラ

顔認識

API

  • フルスクリーンAPI

libraryにfullscreen.jarを追加して、スケッチに。

  import fullscreen.*;
  FullScreen fs;

  void setup(){
  fs = new FullScreen(this);
  fs.enter();
}

関連

参考

参考