最終更新:2018-09-14 (金) 18:53:50 (39d)  

Python/バージョン はてなブックマークを見る
Top / Python / バージョン

http://www.python.org/download/releases/

Python 3

変更点

Python 3.7 (2018-06-27)

Python 3.6

Python 3.5

Python 3.5.1?

Python 3.4 (2014/03/16)

新モジュール

Python 3.3 (2012/09/29)

  • Python 3.3.2? - 2013/05/15
  • Python 3.3.1? - 2013/04/07
  • Python 3.3.0? - 2012/09/29

新モジュール

  • ipaddress?
  • lzma?

Python 3.2? - 2011/02/20

Python 3.1? - 2009/06/27

Python 3.0? - 2008/12/03

2.x

Python 2.7

  • Python 2.7 は 2.x シリーズの最後のメジャーリリースになります。 Python のメンテナは今後は Python 3.x シリーズの開発に集中する予定です。

Python 2.7.15?

Python 2.7.12?

Python 2.7.6? - 2013/11/10

Python 2.7.5? - 2013/05/15

Python 2.7.4? - 2013/04/06

Python 2.7.3? - 2012/04/09

Python 2.7.2? - 2011/06/11

Python 2.7.1? - 2010/11/27

新機能

  • 順序付き辞書型
  • テストのスキップ機能や新たなassertメソッドを備えた新しいunittestモジュール
  • ioモジュールの高速化
  • str.format()メソッドでの自動番号付けフィールド
  • Float型から文字列への変換機構の改良(Python 3.xからのバックポート)
  • TkinterでのTileサポート
  • memoryviewオブジェクト(Python 3.xからのバックポート)
  • Setリテラル
  • Setおよび辞書の包含
  • 辞書でのviewのサポート
  • with構文のネストサポート
  • sysconfigモジュール
  • http://sourceforge.jp/magazine/10/07/05/0412209
  • http://docs.python.org/dev/whatsnew/2.7.html

Python 2.6?

Python 2.6.1? - 2008/12/04

Python 2.6.2? - 2009/04/14

Python 2.6.3? - 2009/10/02

Python 2.6.4? - 2009/10/25

Python 2.6.5? - 2010/03/19

Python 2.6.6? - 2010/08/24

Python 2.6.7? - 2011/06/03

新機能

  • future_builtins?モジュール:このモジュールはPython 3で動作が変わる2.x関数に関して集まったモジュールです。
  • multiprocessingモジュール:threadingモジュールを拡張したスーパーモジュールです。
  • jsonモジュール:JavaScript Object Notationのパーサです。

Python 2.5?

Python 2.5.1? - 2007/04/18

Python 2.5.2? - 2008/02/21

Python 2.5.3? - 2008/12/19

Python 2.5.4? - 2008/12/23

Python 2.5.5? - 2010/01/31

Python 2.5.6? - 2011/05/26

新機能

  • any,allの導入
  • 三項演算子
  • 関数の部分適用
  • try/except/finally の同時使用
  • generator の追加機能
  • with ステートメント

Python 2.4?

Python 2.4.1? - 2005/03/30

Python 2.4.2? - 2005/09/28

Python 2.4.3? - 2006/03/29

Python 2.4.4? - 2006/10/18

Python 2.4.5? - 2008/03/11

Python 2.4.6? - 2008/12/19

新機能

選び方