最終更新:2013-03-12 (火) 00:39:22 (2410d)  

REST はてなブックマークを見る
Top / REST

Representational State Transfer

狭義の意味

  • パラメータを指定して特定のURLにHTTPでアクセスすると、XMLで記述されたメッセージが送られてくるようなシステムおよび呼び出しインターフェース(「RESTful API」と呼ばれる)のこと

RESTの主な設計原則

  • 「セッションなどの状態管理を行わない(やり取りされる情報はそれ自体で完結して解釈することができる)」(Webシステムでは、HTTP自体にはセッション管理の機構はない)
  • 「情報を操作する命令の体系が予め定義・共有されている」(WebシステムではHTTPのGETやPOSTなどに相当)
  • 「すべての情報は汎用的な構文で一意に識別される」(URLやURIに相当)
  • 「情報の内部に、別の情報や(その情報の別の)状態へのリンクを含めることができる(ハイパーメディア的な書式で情報を表現する)」(HTMLやXMLに相当)

HTTPメソッド

REST では明示的に HTTP メソッドを使う必要があり、しかも HTTP プロトコルの定義どおりの方法で使う必要があります。この、REST での基本的な設計原則によって、CRUD (create、read、update、delete) 操作と HTTP メソッドとが 1 対 1 に対応付けられることになります。この対応付けに従うと、

  • サーバー上にリソースを作成するためには POST を使います。
  • リソースを取得するためには GET を使います。
  • リソースの状態を変更、または更新するためには PUT を使います。
  • リソースを除去、または削除するためには DELETE を使います。

関連

  • ステートフル?
  • ステートレス?

参考