最終更新:2010-03-12 (金) 05:34:56 (2754d)  

SPI はてなブックマークを見る
Top / SPI

Serial Peripheral Interface

SPIはボード内のデバイス間通信規格です。2つのデバイスがSPIを使って通信する場合、通信を主導する側がMaster、受動的に動作する側がSlaveとなります。

信号線

  • SCK - Serial Clock
  • MISO - Master In Slave Out
  • MOSI - Master Out Slave In
  • SS - Slave Select

メモ

  • 受信部は、シリアルパラレル変換型のシフトレジスタで作られています。送信側から送られてきたシリアル信号を、マスタが生成するシフト・クロックでサンプリングして、パラレル・データに変換します。

SPIの基本動作とArduinoでの使い方

仕様

参考

関連