最終更新:2016-12-06 (火) 18:36:21 (348d)  

LED はてなブックマークを見る
Top / LED

Light Emitting Diode

メモ

  • LEDは電流が流れることにより点灯(発光)する
  • ある値以上の順方向電圧で電流が流れ始める

端子

  • アノード (A) 長いほう
  • カソード (K) 短いほう

特性

LEDの明るさは、流れている電流で決まるので、電源電圧は10Vでも100Vでもかまわない。どんな電圧でも目標の電流を流せば良い

  • 順方向電流? (IF) - 流して大丈夫な電流だが温度によって変わるので注意。
  • ピーク順方向電流? (IFP) - ダイナミック点灯の時の定格
  • 順方向電圧? (VF)
  • 逆方向電圧? (VR)

電圧

  • VC(定電流回路の両端の電圧)+VF(max)<電源電圧<定電流回路の耐電圧 + VF(min)

電流制限抵抗?

  • LEDには、何ボルト(V)・何アンペア(mA)という定格がある。それに合わせるために抵抗を挟む必要がある。
  • 電流を流しすぎると壊れる。
抵抗値(Ω)=(電源電圧-LED定格電圧)÷定格電流

LEDを光センサとして使ってみる

検証

参考