最終更新:2014-05-12 (月) 16:31:08 (1891d)  

usb_driver.probe はてなブックマークを見る
Top / usb_driver.probe

USBコアが、USBデバイスの接続を検出した際に呼び出す関数

Called to see if the driver is willing to manage a particular interface on a device. If it is, probe returns zero and uses usb_set_intfdata() to associate driver-specific data with the interface. It may also use usb_set_interface() to specify the appropriate altsetting. If unwilling to manage the interface, return -ENODEV, if genuine IO errors occurred, an appropriate negative errno value.

メモ

  • 引き渡されたデバイスに関する情報をチェックし、ドライバがそのデバイスに本当に適しているかどうかを判断

呼び出し元

セットされる関数

関連

参考