最終更新:2016-02-22 (月) 17:45:05 (881d)  

.NET Frameworkツール はてなブックマークを見る
Top / .NET Frameworkツール

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/d9kh6s92(VS.80).aspx

構成ツールと配置ツール

  • ツール説明
    ASP.NET コンパイル ツール (Aspnet_compiler?.exe)管理者は、ASP.NET アプリケーションを埋め込み先でプリコンパイルするか配置用にプリコンパイルできます。
    ASP.NET ブラウザ登録ツール (Aspnet_regbrowsers?.exe)管理者は、新しいブラウザ定義を作成できます。
    ASP.NET IIS 登録ツール (Aspnet_regiis?.exe)管理者またはセットアップ プログラムは、ツールに関連付けられた ASP.NET ISAPI バージョンをポイントするように ASP.NET アプリケーションのスクリプト マップを更新できます。このツールは、ASP.NET のその他の構成操作にも使用できます。
    ASP.NET マージ ツール (Aspnet_merge?.exe)これを使用すると、管理者は ASP.NET コンパイル ツールで作成したアセンブリを結合および管理できます
    ASP.NET SQL Server 登録ツール (Aspnet_regsql?.exe)管理者は、メンバシップ、ロール、プロファイル プロパティなどの ASP.NET サービスに使用する SQL Server データベースを作成および管理できます。
    アセンブリ キャッシュ ビューア (Shfusion.dll?)Windows エクスプローラを使用して、グローバル アセンブリ キャッシュの内容を表示したり、操作したりできます。
    アセンブリ リンカ (Al?.exe)リソース ファイルまたは Microsoft Intermediate Language (MSIL) ファイルのいずれかである 1 つ以上のファイルから、アセンブリ マニフェストを含むファイルを生成します。
    アセンブリ登録ツール (Regasm?.exe)1 つのアセンブリに含まれるメタデータを読み込み、必要なエントリをレジストリに追加します。このため、COM クライアントは特別な処理を必要とすることなく .NET Framework クラスを作成できます。
    アセンブリ バインディング ログ ビューア (Fuslogvw?.exe)失敗したアセンブリ バインドの詳細を表示します。この情報は、.NET Framework が実行時にアセンブリを見つけられない原因を診断する場合に役立ちます。
    CorFlags? 変換ツール (CorFlags?.exe)ポータブル実行可能 (PE) ファイル イメージのヘッダー内の CorFlags? セクションを設定できます。
    グローバル アセンブリ キャッシュ ツール (Gacutil?.exe)グローバル アセンブリ キャッシュの内容の表示、操作、およびキャッシュのダウンロードができます。Shfusion.dll にも同様の機能がありますが、Gacutil?.exe はスクリプト、メイクファイル、およびバッチ ファイルから使用できます。
    インストーラ ツール (Installutil?.exe)指定したアセンブリのインストーラ コンポーネントを実行することによって、サーバー リソースのインストールとアンインストールを実行できます。
    分離ストレージ ツール (Storeadm?.exe)現在ログオン中のユーザーの既存のストアすべてを一覧表示または削除します。
    マニフェストの生成および編集ツール (Mage?.exe) および マニフェスト生成および編集ツールのグラフィカル クライアント (MageUI?.exe)アプリケーション マニフェストと配置マニフェストの作成および編集をサポートします。
    ネイティブ イメージ ジェネレータ (Ngen.exe)マネージ アセンブリからネイティブ イメージを作成し、そのイメージをローカル コンピュータ上のネイティブ イメージ キャッシュにインストールします。
    .NET Framework 構成ツール (Mscorcfg.msc?).NET Framework セキュリティ ポリシーと、リモート処理サービスを使用するアプリケーションを管理するためのグラフィカル インターフェイスを提供します。また、このツールを使用して、グローバル アセンブリ キャッシュ内のアセンブリを管理および構成できます。
    .NET サービス インストール ツール (Regsvcs?.exe)アセンブリを読み込んで登録し、タイプ ライブラリを作成、登録し、既存の COM+ 1.0 アプリケーションにインストールすることによって Windows 2000 コンポーネント サービスにマネージ クラスを追加します。
    XML シリアライザ ジェネレータ ツール (Sgen?.exe)XmlSerializer のランタイム パフォーマンスを向上させるために、指定されたアセンブリの種類に対応する XML シリアル化アセンブリを作成します。
    Soapsuds ツール (Soapsuds?.exe)リモート処理と呼ばれる手法を使用して XML Web サービスと通信するクライアント アプリケーションをコンパイルする場合に役立ちます。
    タイプ ライブラリ エクスポータ (Tlbexp?.exe)共通言語ランタイム アセンブリからタイプ ライブラリを生成します。
    タイプ ライブラリ インポータ (Tlbimp?.exe)COM タイプ ライブラリ内にある型定義をマネージ メタデータ形式の等価な定義に変換します。
    Web サービス記述言語ツール (Wsdl?.exe)Web サービス記述言語 (WSDL) コントラクト ファイル、XML スキーマ定義 (XSD?) スキーマ ファイル、および .discomap 検出ドキュメントから、XML Web サービスおよび XML Web サービス クライアントのコードを生成します。
    Web サービス検出ツール (Disco?.exe)Web サーバー上にある XML Web サービスの URL を探索し、各 XML Web サービスに関連するドキュメントをローカル ディスクに保存します。
    XML スキーマ定義ツール (Xsd?.exe)W3C (World Wide Web Consortium) により提案された、XSD 言語に準拠する XML スキーマを生成します。このツールは、XSD スキーマ ファイルから共通言語ランタイム クラスと DataSet クラスを生成します。

デバッグ ツール

  • ツール説明
    Microsoft CLR デバッガ (DbgCLR?.exe)グラフィカル インターフェイスを使用したデバッグ サービスを提供し、アプリケーション開発者がランタイムを対象としたプログラム内でバグを検索し、修正するのに役立ちます。
    ランタイム デバッガ (Cordbg?.exe)共通言語ランタイム デバッグ API を使用してコマンド ライン デバッグ サービスを提供します。ランタイムに対応したプログラムに含まれるバグを検索し、修正するのに使用します。
    SOS デバッガ拡張 (SOS.dll?)Visual Studio または WinDbg.exe デバッグ ツールに共通言語ランタイムのデバッグ サービスを提供します。
    .NET Framework コマンド ライン デバッガ (MDbg?.exe)共通言語ランタイム デバッグ API を使用してコマンド ライン デバッグ サービスを提供します。

セキュリティ ツール

  • ツール説明
    証明書作成ツール (Makecert.exe)テスト専用の X.509 証明書を生成します。
    証明書マネージャ ツール (Certmgr?.exe)証明書、証明書信頼リスト (CTL: Certificate Trust Lists)、および証明書失効リスト (CRL: Certificate Revocation Lists) を管理します。
    証明書検査ツール (Chktrust?.exe)X.509 証明書を使用して署名されているファイルの有効性を検査します。証明書検査ツールは、.NET Framework SDK Version 1.0 および 1.1 にのみ付属しています。新しいバージョンの場合は、代わりに 署名ツール (signtool.exe) ユーティリティを使用します。
    コード アクセス セキュリティ ポリシー ツール (Caspol?.exe)マシン レベル、ユーザー レベル、およびエンタープライズ レベルのコード アクセス セキュリティ ポリシーをチェックし、変更できます。
    ファイル署名ツール (Signcode?.exe)Authenticode デジタル署名を使用して、ポータブル実行可能 (PE) ファイルに署名します。ファイル署名ツールは、.NET Framework SDK Version 1.0 および 1.1 にのみ付属しています。新しいバージョンの場合は、代わりに 署名ツール (signtool.exe) ユーティリティを使用します。
    アクセス許可の検出ツール (Permcalc?.exe)アセンブリのパブリック エントリ ポイントにアクセスするために呼び出し元に必要なアクセス許可を評価します。
    アクセス許可表示ツール (Permview?.exe)アセンブリによって要求された最小のアクセス許可セット、オプションのアクセス許可セット、および拒否されたアクセス許可セットを表示します。このツールを使用して、アセンブリによって使用されるすべての宣言セキュリティを表示することもできます。
    PEVerify ツール (PEverify?.exe)指定されたアセンブリに対して、MSIL がタイプ セーフかどうか、およびメタデータの有効性を検査します。
    ポリシー移行ツール (Migpole?.exe)互換性がある 2 つのバージョンの .NET Framework 間でセキュリティ ポリシーを移行します。
    Secutil ツール (Secutil?.exe)厳密な名前の公開キー情報または Authenticode 発行元証明書をアセンブリから抽出し、コードに組み込むことができる形式に変換します。
    レジストリ設定ツール (Setreg?.exe)証明書の検査処理を制御するソフトウェア発行状態キーのレジストリ設定を変更できます。レジストリ設定ツールは、.NET Framework SDK Version 1.0 および 1.1 にのみ付属しています。新しいバージョンの場合は、代わりに 署名ツール (signtool.exe) ユーティリティを使用します。
    署名ツール (signtool.exe)ファイルにデジタル署名を添付し、ファイルの署名を検証し、ファイルにタイム スタンプを付けます。
    ソフトウェア発行元証明書テスト ツール (Cert2spc?.exe)1 つ以上の X.509 証明書からテストだけを目的としたソフトウェア発行元証明書 (SPC: Software Publisher's Certificate) を作成します。
    厳密名ツール (sn.exe)厳密な名前を持つアセンブリを作成するときに役立ちます。sn.exe には、キーの管理、署名の生成、署名の検査に関する各オプションが用意されています。

一般的なツール

  • ツール説明
    コード生成ツール (SqlMetal?.exe).NET Framework の LINQ to SQL コンポーネント用のコードとマッピングを生成します。
    ライセンス コンパイラ (Lc?.exe)ライセンス情報を含むテキスト ファイルを読み込んで、.licenses ファイルを生成します。この .licenses ファイルは、共通言語ランタイムの実行可能ファイルに埋め込むことができます。
    厳密型クラス ジェネレータ (Mgmtclassgen?.exe)指定した WMI (Windows Management Instrumentation) クラスについて、C#、Visual Basic、または JScript で事前バインディングしたクラスをすばやく生成できます。
    MSIL アセンブラ (Ilasm.exe)Microsoft Intermediate Language (MSIL) から PE ファイルを生成します。MSIL コードと必要なメタデータを含む実行可能ファイルを実行すると、MSIL コードが予測どおりに動作するかどうかを確認できます。
    MSIL 逆アセンブラ (Ildasm.exe)MSIL コードを含む PE ファイルを使用して、MSIL アセンブラ (Ilasm.exe) に対する入力として適したテキスト ファイルを作成します。
    リソース ファイル ジェネレータ (Resgen?.exe)テキスト ファイルおよび .resx (XML ベースのリソース形式) ファイルを .NET 共通言語ランタイムのバイナリの .resources ファイルに変換します。この .resources ファイルは、ランタイム バイナリ実行可能ファイルに埋め込んだり、サテライト アセンブリにコンパイルしたりできます。
    SDK のコマンド プロンプト.NET Framework ツールを簡単に使用できるようにする環境変数を自動的に設定します。
    Windows フォーム ActiveX コントロール インポータ (Aximp?.exe)ActiveX コントロール用の COM タイプ ライブラリに属する型定義を Windows フォーム コントロールに変換します。
    Windows フォーム クラス ビューア (Wincv?.exe)指定した検索パターンと一致するマネージ クラスを検索し、リフレクション API を使用して検索したクラスについての情報を表示します。Windows フォーム クラス ビューアは、.NET Framework SDK Version 1.0 および 1.1 にのみ付属しています。
    Windows フォーム リソース エディタ (Winres?.exe)Windows フォームのフォームをすばやく簡単にローカライズできます。