最終更新:2009-10-27 (火) 21:25:19 (3817d)  

ATI Stream SDK
Top / ATI Stream SDK

http://developer.amd.com/gpu/ATIStreamSDK/Pages/default.aspx

v2.0

v1.3 betaのおもな変更点

CAL

ランタイムdllをドライバ添付に(従ってCatalyst 8.12以降が必要)

  • 64bitランタイムの名称変更
  • DirectX 9との協調がVista限定であることを明記(SIGGRAPH 2008じゃ出来るって言ってたのに・・・)
  • ATI Radeon HD 4350, 4550, 4650 ,4670, AMD FireStream? 9270のサポート

Brook+

  • CUDAのDriverAPIに当たる新しいAPIを実装
  • streamの動的割り当てと解放をサポート
  • メモリマネージメントの最適化
  • データ転送性能の改善
  • streamのサイズ等に関する制限を緩和
  • 倍精度のサポート
  • その他いろいろ

v1.2 betaのおもな変更点

  • 32/64ビット版Vistaをサポート
  • DirectX 9/10と協調可能
  • Radeon HD4850と4870をサポート
  • Catalyst 8.8 ディスプレイドライバをサポート
  • 開発者向けの重要な情報を載せた新しいユーザーガイド
  • サンプルブラウザのフォーマットとドキュメントの改善
  • Brook+CALのパフォーマンス向上

v1.1 betaのおもな変更点

  • AMD FireStream? 9170をサポート
  • Linuxをサポート(RHEL 5.1 および SLES 10 SP1)
  • Brook+でストリームデータとして整数をサポート
  • Brook+でソースファイルの行番号を合わせるための#lineディレクティブ出力をサポート
  • バグフィックスとランタイムの機能強化
  • Microsoft Visual Studio 2008の実験的なサポート
  • XP環境でCrossFireを有効にしていると、デュアルGPUとして使用可能に(Vistaはダメ。Linuxは?)
  • その場合に限りディスプレイを割り当てていないGPUも利用可能
  • AMDの独自拡張版HLSLを経由してCALのコードを生成するようにした
  • v1.0-betaで使えなくなった機能をもう一度実装
  • 出力するデータ数を変えられる可変出力カーネルをドキュメントから削除。これからはgatherとscatterを使うこと
  • BRT_ADAPTER環境変数で使うGPUを指定可能
  • 制約等を明文化