最終更新:2019-11-09 (土) 04:58:24 (14d)  

IPv6/アドレス割当て はてなブックマークを見る
Top / IPv6 / アドレス割当て

IPv6の特徴

  • IPアドレスの自動設定機能がIPv6の根本的な仕組みとして組み込まれている

種類

  • IPアドレスの自動設定
    RA (Router Advertisement)ルータが告知
    DHCPv6 ステートフルDHCPサーバがクライアントのIPを把握する
    DHCPv6 ステートレスDHCPサーバがクライアントのIPを把握しない

払い出せる情報

  • RADHCPv6
    プレフィクス✗ - RAから学習
    アドレス-
    デフォルト経路- (策定中:2009)
    DNSサーバのアドレスRFC 5006で策定 (RFC 6106の前身)
    各種サーバのアドレスRFC 6106/RFC 8106で策定

DNSサーバアドレス配布

メモ

フレッツの場合

必要な情報

  • IPv6ホストアドレス
  • プレフィックス
  • GW(デフォルトゲートウェイ)
  • DNSなどの各種IPアドレス

問題点

  • RAにDNSオプションがない→標準化 (RFC 6106)
  • DHCPv6にGWオプションがない→標準化

方式

RA+DHCPv6 (ステートレス) (現在主流)

  • RA
    • IPv6ホストアドレス
    • プレフィックス
    • GW(デフォルトゲートウェイ)

RAによる自動設定 (ステートレス)

DHCPv6で全部設定 (ステートフル)

  • IPv6ホストアドレス
  • プレフィックス
  • 現時点でGWの情報は配布できない
  • DNSなどの各種IPアドレス

参考