最終更新:2012-03-06 (火) 16:58:04 (3077d)  

Intel C++ Class Library
Top / Intel C++ Class Library

http://www.xlsoft.com/jp/products/intel/compilers/ccl/12/ug/index.htm#cref_cls/common/cppref_class_ovrvw.htm

インテル® C++ クラス・ライブラリーを使用すると、SIMD (Single-Instruction, Multiple-Data) 演算を実行できます。SIMD 演算の原理は、マイクロプロセッサー・アーキテクチャーを並列処理に活用することです。並列処理を使用すると、より少ないクロックサイクル数で、より高いデータ・スループットが得られます。その目的は、オーディオ、ビデオ、グラフィックなど複雑で大量の計算を必要とするデータ・ビット・ストリームの処理効率を高めることです。

ヘッダファイル

足し算のコード

インラインアセンブラ

  • ...
    __m128 a,b,c;
    __asm{
    movaps xmm0,b
    movaps xmm1,c
    addps xmm0,xmm1
    movaps a, xmm0
    }
    ...

イントリンシック命令

  • #include <mmintrin.h>
    ...
    __m128 a,b,c;
    a = _mm_add_ps(b,c);
    ...

SIMD クラス・ライブラリー

  • #include <fvec.h>
    ...
    F32vec4 a,b,c;
    a = b +c;
    ...

関連