最終更新:2014-05-28 (水) 05:16:23 (2264d)  

OMAP5
Top / OMAP5

Open Multimedia Application Platform 5

http://newscenter.ti.com/jp/Blogs/newsroom/archive/2011/02/10/ti-omap-5.aspx

特徴

  • 1個のコアあたり最高2GHzクロックで動作する2個のARM Cortex-A15コア
  • 2個の ARM Cortex-M4 コア
  • マルチコアの3D グラフィクスおよび専用の2Dグラフィクス
  • マルチコアのイメージングおよびビジョン処理ユニット
  • マルチコアIVA HD ビデオ・エンジン
  • 進歩したマルチ・パイプラインによるディスプレイ・サブシステム
  • 4個のディスプレイを同時サポート可能
  • 高性能、マルチチャネルDRAMおよび高効率の2Dメモリをサポート
  • 強化された暗号方式を備えたTI M-ShieldTM モバイル・セキュリティ・テクノロジー
  • 数々の最新、高速のインターフェイス群
  • オーディオ、消費電力および、バッテリー・マネージメントの最適化を提供するプラットフォーム・ソリューション
  • 次世代のコネクティビティ・テクノロジー

価格および供給について

OMAP5プラットフォームは、2011年後半のサンプル供給および、2012年後半の個別デバイスの出荷を予定しています。LPDDR2メモリをサポートする『OMAP5430?』プロセッサは、14mm角のPoP(Package on Package)で供給されます。DDR3/DDR3Lメモリをサポートする『OMAP5432』プロセッサは、17mm角のBGAパッケージで供給されます。

OMAP5プラットフォームは、大量生産のモバイルOEMODM各社向け製品であり、販売特約店からは供給されません。TIでは、製品ポートフォリオがサポートする広範囲の市場のアプリケーション向けに、OMAP 5と互換性を備えたARM Cortex-A15プロセッサ搭載ソリューションを開発する予定です。

チップ