最終更新:2017-04-26 (水) 06:36:34 (1245d)  

PAE
Top / PAE

Physical Address Extension

Intel が提供するメモリアドレス拡張?機能で、プロセッサがこれを利用すると、物理メモリのアドレッシングに使用できるビット数を 32 ビットから 36 ビットに拡張できます。これは、Address Windowing Extensions (AWE) API を使用しているアプリケーションを、ホスト オペレーティングシステムがサポートすることにより実現します。

Windows Server 2003

Windows XP Professional および Windows Server 2003 上でサポート可能な最大メモリ量は、同じく 4 GB です。ただし、PAE 機能を使用して、Windows Server 2003, Enterprise Edition は 32 GB の物理 RAM をサポートし、Windows Server 2003, Datacenter Edition は 64 GB の物理 RAM をサポートします。

搭載

非対応

  • 仮想化ハイパーバイザー上で、ハイパーバイザーのPAEを有効にしていない場合
  • Pentium MCeleron M?のうちFSB 400MHzのもの(≒おおむね855GMEチップセットと組み合わされているもの)
    • Pentium MBanias?コアすべて(型番的には「Pentium M 1.30GHz」のような周波数表記のものと705/718/713/900)
    • Pentium MDothan?コアの一部(型番7*5と7*8と723と733)
    • Celeron M?Banias?コアすべて(310~340)
    • Celeron M?Dothan?コアの一部(350・360・353ULV)
  • VIA C3?
  • Geode LX?
  • Geode GX?
  • Vortex86MX?

非PAE対応

Ubuntu

CentOS