最終更新:2012-02-23 (木) 04:45:09 (2819d)  

SSE/用語 はてなブックマークを見る
Top / SSE / 用語

メモ

  • 基本的に最下位データのみを操作する命令にはss
  • 4つの(パックされた)データを操作する命令にはpsがつきます
  • 大抵の命令はssよりはpsの方がレイテンシ, スループットともに1クロックずつ余計にかかります.

SSE/関数の命名規則

引数の__m128のタイプ

  • 1文字目
    • p - packed
    • s - scalar
  • 2文字目
    • s single-percision float (float)
    • d double-percision float (double)
    • i integer

float/double

  • ss - scalar single percision float (float)
  • ps - packed single percision float (float)
  • sd - scalar double percision float (double)
  • pd - packed double percision float (double)

integer?

  • si - scalar integer
  • su - scalar unsigned integer
  • si# - scalar #bit integer
  • su# - scalar unsigned #bit integer
  • pi# - packed #bit integer (MMX,64bit)
  • pu# - packed unsigned #bit integer (MMX,64bit)
  • epi# - packed #bit integer (XMM,128bit)
  • epu# - packed unsigned #bit integer (XMM,128bit)

その他

  • b: byte
  • w: word
  • d: doubleword
  • q: quadword
  • dq: double quadword

メモ

参考