最終更新:2020-06-28 (日) 07:48:05 (6d)  

UNIVERGE IX/インタフェース
Top / UNIVERGE IX / インタフェース

ポートデバイス基本インターフェイス(IP設定)サブインターフェイス(PPPoE/VLAN設定)
GE0GigaEthernet0GigaEthernet0.0GigaEthernet0.1~32
GE1GigaEthernet1GigaEthernet1.0GigaEthernet1.1~32
LoopbackLoopback0Loopback0.0
NullNull0Null0.0
  • IX/コマンド/show interfaces?

LoopbackとNull

  • Loopback インタフェースに対してパケットを送出した場合、自分自身に対してパケットが再帰的にもどってくる
  • Null インタフェースはそのパケットを廃棄
  • この動作以外は、同等

Loopback

  • ループバックインタフェースは内部的なインタフェースであり、直接外部には見えないインタフェースです。
  • 絶対に落ちないインタフェースとして利用することができます。
  • どのインタフェースにも属さないIPv4 アドレスまたはIPv6 アドレスを付加し、他のインタフェースから参照(unnumbered)させるなどの利用方法がある

Null

  • 正常にルーティングできないパケットについて、スタティックルートをNull インタフェースに設定しておくことで、不要なパケットを明示的に廃棄することができる

トンネル

  • TunnelTunnel0Tunnel0.0

BVI

  • VLAN
  • ブリッジ専用の仮想インタフェース

BRI

関連