最終更新:2020-07-08 (水) 14:27:32 (202d)  

UNIVERGE IX/EtherIP
Top / UNIVERGE IX / EtherIP

メモ

  • ブリッジ機能を利用して物理インタフェースとトンネルインタフェースを接合し、トンネルインタフェースで tunnel mode ether-ip を指定することで、イーサネットフレームをIP でカプセル化

構成

  • Interface
  • Bridge Forwarder
  • トンネルインターフェイス
  • IP forwarder

設定

グローバルコンフィグモード

インタフェースコンフィグモード

表示コマンド

  • IX/コマンド/show bridge?ブリッジの学習テーブルの表示
    IX/コマンド/show bridge traffic?ブリッジの統計情報の表示

設定

  • IKE (フェーズ1)
    ike proposal ike-prop encryption aes-256 hash sha lifetime 3600
    ike policy ike1 peer 10.10.10.100 key mykey ike-prop

設定

本社

  • GE010.10.10.100/32
    GE0PPPoE
    GE2ブリッジグループ1同じグループに属するインタフェースは同一LANとなる
    BVI0192.168.0.0
    ブリッジグループ1
    ブリッジ動作時の保守用インタフェース

拠点

  • GE010.10.10.y/32
    GE0PPPoE
    GE2ブリッジグループ1同じグループに属するインタフェースは同一LANとなる
    BVI0192.168.0.{y+200}
    ブリッジグループ1
    ブリッジ動作時の保守用インタフェース
    Tunnel0ブリッジグループ1
    IPsecポリシーの適用(トランスポートモード)
    EtherIPのトンネル
    MSS値は手動設定にのみ対応

BVI

  • ブリッジ動作時の保守用インタフェース

MSS

  • EtherIPでは auto adjust-mss が使用できない。そのため適切なMSS値を、それぞれの回線環境で計算によって算出する必要がある。
  • そうしないとフラグメントが発生して再送信が多発し、スループットが極端に落ちる
  • ここは結構重要で、適当なMSS値で運用しているとすごく速度が落ちることがあるのでキッチリ計算した方が良い
  • 計算式は 「IX1000/2000/3000シリーズ機能説明書」P.2-136 に記載がある
    • NTT東日本フレッツ&ネクストなら 1334
    • NTT西日本フレッツプレミアムなら 1318

関連