最終更新:2011-08-02 (火) 06:24:17 (3295d)  

Windows XP SP3
Top / Windows XP SP3

新機能

ブラック・ホール・ルータの検出機能

  • ネットワーク上のパケットを自動的に破棄しているルータ(ブラック・ホール・ルータ)を検出する機能。

ネットワーク・アクセス保護(NAP)機能

  • Windows Server 2008で搭載されたNAP(Network Access Protection)をXPで利用する機能。企業内ネットワーク上のクライアントPCの、ウイルスソフトのチェックやパーソナルファイヤーのオン/オフを検出し、企業内ネットワークに接続できるかどうかを自動的にコントロールする。 つまり、クライアントPCが決められた企業内ネットワークのルールにマッチしていないと、ネットワークにアクセスできなくなり、ネットワーク全体でのセキュリティーが強化される。

セキュリティオプションの説明を追加

  • XP SP3では、グループポリシーエディタ(gpedit.msc)のセキュリティオプションにあるポリシーの詳しい説明が表示されるようになった(画面参照)。

Administrator/Serviceポリシーにおけるセキュリティーを強化

  • 企業ユーザー向けの管理ソフト「System Center Essentials」上で、OSがXPのクライアントPCを管理する場合、セキュリティー上問題があった部分を修正。

Microsoftカーネルモード暗号化モジュール

  • Microsoftカーネルモード暗号化モジュール (Fips.sys)は、OSのカーネルモードで複数の異なる暗号化アルゴリズムを提供する。

ライセンス認証方法の変更

  • Windows Server 2003 SP2?Windows Vistaと同様に、XP SP3ではプロダクトキーを入力しなくてもOSのインストールが可能である。プロダクトキーの入力は、OSのインストール後に行なえる。

機能追加

Wi-Fi Protected Access 2(WPA2

  • 無線LANのための新しい暗号化方式をサポートする。WPA2は暗号化方式にAESを採用。さらに、128~256bitの可変長鍵が使用できるようになった。これにより、セキュリティーの強固な無線LANアクセスを行なえる。

ピア名解決プロトコル(PNRP)2.1のサポート

  • Windowsクライアント同士でピアツーピアのネットワークを構築する「Windowsピアツーピア ネットワーク」で、クライアント同士の名前を解決するための仕組み(PNRP:Peer Name Resolution Protocol)をアップデート。  これら機能はいずれも、すでにWindows Updateで提供されている。一般のユーザーにとっては、絶対に必要な新機能という訳でもない(そのほかの機能については以下のとおり)。

MMC(Microsoft Management Console) 3.0

  • OSの機能を管理するツールのアップデート

MSXML6

  • XMLパーサーのアップデート

Windows インストーラ 3.1 v2

  • インストーラのアップデート

バックグラウンド インテリジェント転送サービス(BITS?)

  • System Center Configuration Manager?Windows Live OneCare?でデータ転送に使用する機能

Windows Server 2003とXP向けのIPsec Simple Policy Update

  • IPSec?の機能を強化

デジタルID管理サービス(DIMS)

  • ドメインに参加しているユーザーが、アプリケーションやサービスの資格情報と秘密キーにアクセスできるようになる

参考