最終更新:2013-01-05 (土) 05:33:14 (2648d)  

float.h
Top / float.h

浮動小数点型の大きさや様々な特性を表すマクロの定義。

定数

  • FLT_RADIX? - 浮動小数点型の内部表現に使用される基数
  • FLT_ROUNDS? - 浮動小数点型の丸め方向
  • FLT_MANT_DIG? - float 型の FLT_RADIX を基数とした仮数部の桁数
  • FLT_MAX_EXP? - float 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最大値
  • FLT_MIN_EXP? - float 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最小値
  • FLT_MAX_10_EXP? - float 型における10を基数とした指数部の最大値
  • FLT_MIN_10_EXP? - float 型における10を基数とした指数部の最小値
  • FLT_MAX? - float 型の最大値
  • FLT_MIN? - float 型の正の値の最小値(整数型とは違いfloat 型の実数の最小値は-FLT_MAXであるので注意)
  • FLT_EPSILON? - float 型で表現可能な1より大きい最小値と1との差
  • DBL_MANT_DIG? - double 型の FLT_RADIX を基数とした仮数部の桁数
  • DBL_MAX_EXP? - double 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最大値
  • DBL_MIN_EXP? - double 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最小値
  • DBL_MAX_10_EXP? - double 型における10を基数とした指数部の最大値
  • DBL_MIN_10_EXP? - double 型における10を基数とした指数部の最小値
  • DBL_MAX? - double 型の最大値
  • DBL_MIN? - double 型の正の値の最小値(整数型とは違いdouble 型の実数の最小値は-DBL_MAXであるので注意)
  • DBL_EPSILON? - double 型で表現可能な1より大きい最小値と1との差
  • LDBL_MANT_DIG? - long double 型の FLT_RADIX を基数とした仮数部の桁数
  • LDBL_MAX_EXP? - long double 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最大値
  • LDBL_MIN_EXP? - long double 型における FLT_RADIX を基数とした指数部の最小値
  • LDBL_MAX_10_EXP? - long double 型における10を基数とした指数部の最大値
  • LDBL_MIN_10_EXP? - long double 型における10を基数とした指数部の最小値
  • LDBL_MAX? - long double 型の最大値
  • LDBL_MIN? - long double 型の最小値
  • LDBL_EPSILON? - long double 型で表現可能な1より大きい最小値と1との差