最終更新:2018-05-11 (金) 11:08:57 (816d)  

msiexec
Top / msiexec

Windows ® インストーラー. V 5.0.17134.1 

msiexec /Option <必須パラメーター> [省略可能なパラメーター]

インストール オプション
	</package | /i> <Product.msi>
		製品をインストールまたは構成します。
	/a <Product.msi>
		管理用ツール - ネットワーク上の製品をインストールします。
	/j<u|m> <Product.msi> [/t <変換一覧>] [/g <言語 ID>]
		製品をアドバタイズします - すべてのユーザーには m、現在の
		ユーザーには u を指定します。
	</uninstall | /x> <Product.msi | 製品コード>
		製品をアンインストールします。
表示オプション
	/quiet
		Quiet モード - ユーザーの操作なし
	/passive
		無人モード - 進行状況バーのみ
	/q[n|b|r|f]
		ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
		n - なし
		b - 基本
		r - 簡易
		f - 完全 (既定)
	/help
		ヘルプ情報
再起動オプション
	/norestart
		インストール完了後に再起動しません。
	/promptrestart
		再起動が必要な場合は、ユーザーに再起動を要求します。
	/forcerestart
		常に、インストール後コンピューターを再起動します。
ログ オプション
	/l[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x|+|!|*] <LogFile>
		i - 状態メッセージ
		w - 致命的ではない警告
		e - すべてのエラー メッセージ
		a - 操作のスタートアップ 
		r - 特定の操作の記録
		u - ユーザーの要求
		c - UI パラメーターの初期値
		m - メモリ不足または致命的な終了に関する情報
		o - ディスク領域不足メッセージ
		p - ターミナルのプロパティ
		v - 詳細出力
		x - 詳細デバッグ情報
		+ - 既存のログ ファイルに追加
		! - 各行をログにフラッシュ
		* - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録します。
	/log <ログ ファイル>
		/l* <ログ ファイル> と指定したときと同じ情報がログに記録されます。

更新オプション
	/update <Update1.msp>[;Update2.msp]
		更新を適用します。
	/uninstall <修正プログラム コード GUID>[;Update2.msp] 
	/package <Product.msi | 製品コード>
		製品の更新を削除します。
修復オプション
	/f[p|e|c|m|s|o|d|a|u|v] <Product.msi | 製品コード>
		製品を修復します。
		p - ファイルが見つからない場合のみ
		o - ファイルが見つからない、または古いバージョンが
		    インストールされている場合 (既定)
		e - ファイルが見つからない、同じバージョンまたは古い
		    バージョンがインストールされている場合
		d - ファイルが見つからない、または違うバージョンが
		    インストールされている場合
		c - ファイルが見つからない、またはチェックサムと計算
		    された値が一致しない場合
		a - すべてのファイルをインストールする
		u - すべてのユーザー固有の必須レジストリ エントリ (既定)
		m - すべてコンピューター固有の必須レジストリ エントリ (既定)
		s - すべての既存のショートカット (既定)
		v - ソースから実行して、パッケージをローカルに再キャッシュする
パブリック プロパティの設定
	[PROPERTY=プロパティ値]

コマンド ラインの構文の詳細については、Windows (R) インストーラー SDK を参照してください。

Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
Portions of this software are based in part on the work of the Independent JPEG Group.