最終更新:2024-06-18 (火) 10:38:51 (27d)  

ntpd
Top / ntpd

Network Time Protocol (NTP) daemon

https://www.ntp.org/documentation/4.2.8-series/ntpd/

slewによる同期:

  • NTPサーバとの時刻のずれが128m以内の場合は、徐々に時刻を合わせていきます。ntpdで同期を取っている場合、通常は時刻のずれは128ms以内に収まります。

stepによる同期:

  • システム起動時の特別な場合や、ネットワークの状態が悪いなどの原因で128ms以上のずれがある場合は、1回で時刻を合わせます。

メモ

  • デフォルトでは起動時に1000秒以上のずれがある場合はntpdは終了します。-g オプションを付けた場合は、ずれがどのような値でも、時刻を合わせます。ntpdはデフォルトでは最小64秒、最大1024秒の間隔で、参照するサーバにポーリングを行います。
  • ntpd起動時は64秒ですが、周波数のずれが調整されて小さくなるに従い、最大値の1024秒まで間隔を延ばします。周波数のずれ(drift:ドリフト)が31ppm(parts-per-million:0.0001%)にまで小さくなると、最大の間隔の1024秒になります。最小値と最大値は設定ファイルのminpoll、maxpollの指定でデフォルト値から変更できます。