最終更新:2018-05-18 (金) 12:05:18 (575d)  

printk はてなブックマークを見る
Top / printk

print a kernel message

コンソールログにメッセージを表示する

int printk(const char *fmt, ...);
printk( KERN_ERR "Something happened.\n" );
  • レベル定数と後続の文字列が直接連結されている点に注意してください。なお、レベルを指定しない場合は、kernel/printk.c で定義されているデフォルトのログレベルが使用されます。

出力先

表示

エラーレベル

  • linux/kern_levels.h?
    • KERN_EMERG? - system is unusable
    • KERN_ALERT? - action must be taken immediately
    • KERN_CRIT? - critical conditions
    • KERN_ERR? - error conditions
    • KERN_WARNING? - warning conditions
    • KERN_NOTICE? - normal but significant condition
    • KERN_INFO - informational
    • KERN_DEBUG - debug-level messages

メモ

  • KERN_EMERG?pr_emerg?<0>緊急メッセージ (システムが停止する前に出力)
    KERN_ALERT?pr_alert?<1>早急な対応が必要なエラー
    KERN_CRIT?pr_ctir?<2>クリティカル・エラー (ハードウェアまたはソフトウェア)
    KERN_ERR?pr_err?<3>エラー状態 (ドライバー共通)
    KERN_WARNING?pr_warning?, pr_warn?<4>警告状態 (エラーに至る可能性有り)
    KERN_NOTICE?pr_notice?<5>エラーではないが、十分な注意が必要な状態
    KERN_INFOpr_info<6>情報通知メッセージ
    KERN_DEBUGpr_devel?, pr_debug<7>デバッグ・メッセージ専用 (if CONFIG_DEBUG? is defined)
    KERN_DEFAULT?<d>デフォルトのカーネル・ロギング・レベル
    KERN_CONT?pr_cont?<c>ログの行の続き (新しいタイムスタンプが付与されることを回避)

表示

関連

参考