最終更新:2012-12-18 (火) 19:26:15 (2905d)  

setserial
Top / setserial

Linuxシリアルポート情報の設定と取得

http://linuxjm.sourceforge.jp/html/setserial/man8/setserial.8.html

ttyS0の割り当てを表示

#setserial -g /dev/ttyS0

オプション

  • low_latency - シリアルデバイスの受信遅延を最小にします。ただし CPU の利用度は増加します (通常はオーバーヘッドを最小限にするために、 受信キャラクタを扱う前に 5-10ms の遅延があります)。 これはデフォルトではオフですが、リアルタイム処理をするアプリケーションの中には このオプションが有効なものがあるかもしれません。

メモ

  • シリアルドライバ(ソフトウェア)は、どの I/O アドレスがどの ttyS に対応するのかを示す表を管理しています。このような名前(ttyS1 等)から I/O アドレス(と IRQ)への対応は、設定も表示も "setserial" コマンドで行えます

参考