最終更新:2008-08-01 (金) 17:20:07 (4197d)  

.idata
Top / .idata

インポートセクション(.idata)

  • インポートとは外部DLLと動的リンクを行うための準備のことを言います。プロセスメモリにEXEファイルのイメージがロードされた後、ここで解説するインポート情報をもとに動的リンクの準備を行うことで、Win32 APIなどの各種DLL関数の呼び出しができるようになります。