最終更新:2010-11-15 (月) 17:09:35 (3314d)  

ActionScript 3.0/文法 はてなブックマークを見る

ActionScript 3.0/データ型

変数の宣言

var hoge1:String = "Hello";
var hoge2:Number= 123;
trace(a);//デバッグ

偽と判断される値

  • false
  • 0
  • 0.0
  • NaN
  • ''(空文字)
  • null
  • undefined

if文

if (条件) {

} else if (条件) {

}else{

}

while文

while(true) {

}

for文

for (var i:int = 0; i < 5; i++) {
    // 処理
}

for .. in文

for (var key:* in obj) {
    trace("key: " + key + ", value: " + obj[key]);
}

for each (.. in ..)文

for each (var value in obj) {
    trace("value: " + value );
}
trace(values);  // ['7', '5'] ※ 順番は保証されない

比較

num1 == num2  // num1 は num2 と等しい
num1 != num2  // num1 は num2 と等しくない
num1 <  num2  // num1 は num2 より小さい
num1 >  num2  // num1 は num2 より大きい
num1 <= num2  // num1 は num2 以下
num1 >= num2  // num1 は num2 以上

str1 == str2  // str1 は str2 と等しい
str1 != str2  // str1 は str2 は等しくない
str1 <  str2  // str1 は str2 より小さい
str1 >  str2  // str1 は str2 より大きい
str1 <= str2  // str1 は str2 以下
str1 >= str2  // str1 は str2 以上

例外処理

try {
    // 例外が起きるかもしれない処理

} catch (e:Error) { // Exception ではない
    trace(e.getStackTrace());
    // 例外処理
}

三項演算子

var num:int = flg ? 1 : 2;

||=

左辺値が未定義の場合に右辺値を代入

num ||= 2; 

クラス

コンストラクタ名=クラス名

package 所属するパッケージ名 { // パッケージ名省略可
    import xxx;
    import xxx;

    public class クラス名 extends 親クラス名
    {
        // 変数宣言
        アクセス修飾子 var プロパティ名:プロパティの型;

        // コンストラクタ
        アクセス修飾子 function コンストラクタ名()
        {
            this.aaa = dddd;
        }

        // メソッド1
        アクセス修飾子 function メソッド名1(引数1:型 = デフォルト値):戻り値の型
        {
            return this.mmmm;
        }
    }
}

import

クラス定義を読み込む

import パッケージ名.クラス名;

// 例
import flash.display.*; // これはちょっと行儀が悪い
import flash.text.TextField;

コーディング規約

参考