最終更新:2013-02-20 (水) 17:08:47 (2661d)  

RS-232C
Top / RS-232C

Recommended Standard 232

  • Cはバージョン。

通信方法

仕様としては同期通信?非同期通信?が定義されているが、普通のPCのシリアルポートは最初から同期通信をサポートしていない

非同期通信?

  • 調歩同期方式? (UART)
  • ASYNC?

電圧

  • +-9V
  • +-12V

メモ

  • 米国電子工業会(EIA)によって標準化された、最高通信速度115.2kbpsのシリアルインターフェースの規格のことである。

RS-232やEIA-232

  • (USB ではない)シリアルポートの規格は普通 RS-232-C, EIA-232-D, EIA-232-E のいずれかです。この 3 つはほとんど同じものです。
  • もともと頭に付いていた RS(Recommended Standard)が EIA? (Electronics Industries Association)となり、EIA と TIA (Telecommunications Industries Association) が合併した後に EIA/TIA と なりました。
  • EIA-232 の仕様には同期通信も書かれていましたが、同期に対応 するためのハードウェアは PC にはほとんどついていません。
  • RS という呼称自体は過去のものとなりましたが、今でも広く使われています。

メモ

  • データを送らないときはHレベル
  • 受信側ではデータ線の立下りを合図として、データの受信を開始
  • ビットレートの何倍かのクロックでデータをサンプリングします。大体の場合は、16倍とか8倍とかでしょうか。64倍という場合もあります。何倍かによって、受信データのビットレートの狂いにどのくらい耐えられるかが決まります。

変換

関連