最終更新:2011-09-16 (金) 18:02:45 (3251d)  

RewriteRule
Top / RewriteRule

URLの書き換えルールを指定

RewriteRule パターン [フラグ]

フラグ

[C] Chain - 次のルールと現在のルールをつなぐ
[CO] set COokie
[E] set Environment variable - [[環境変数]]をセット
[F] Forbidden - 403を返す
[G] Gone - 410を返す
[L] Last rule - Rewrite機能の変換を打ち切ること指示するもの
[N] Next round - 書き換え処理を再実行
[NC] NoCase
[NE] No uri Escaping of output
[NS] used only if No internal Sub-request - サブリクエストであればスキップ
[P] Proxy - プロキシモジュールを実行
[R] force Redirect - 302を返す
[PT] Path Through - Rewriteを打ち切って、他の変換(Script Aliasなど)に渡す
[QSA] Query String Append - %{QUERY_STRING}を引数としてつけたいときに使う
[S] Skip - ルールが一致すると指定した数のルールをスキップ
[T] force MIME type - MIMEタイプをいじる

参考