最終更新:2016-11-18 (金) 10:14:58 (1530d)  

big.LITTLE MP
Top / big.LITTLE MP

The underlying big.LITTLE software, big.LITTLE MP, automatically and seamlessly moves workloads to the appropriate CPU core based on performance needs.

メモ

  • big.LITTLE MPは、Linaroでは一時「Heterogeneous MP(HMP)」と呼ばれていた
  • 中間解的な実装であるためLinuxアップストリームには統合されない

メモ

  • Linux/Unixでのスケジューラへのキューである「ランキュー」から得られる「load average」によるCPU負荷の値を使っているという。原則的にはrun queueでの占有率が高くなり、load averageの比率が一定を越えると、そのCPUコアをLITTLEコアからbigコアへと切り替える仕組み

関連

参考