最終更新:2013-08-16 (金) 12:25:18 (2516d)  

ブートセクタ
Top / ブートセクタ

ブート・セクターは常に同じ場所、つまりブート・デバイスのトラック 0、シリンダー 0、ヘッド 0 にあります。このセクターにはローダーと呼ばれるプログラム (Linux の場合には通常 LILO または GRUB) が含まれており、このローダーが実際にオペレーティングシステムをブートします。ローダーは MBR にインストールされるか、あるいはアクティブなプライマリー・パーティションの最初のセクターにインストールされます。

C:\Windows\System32> d:\boot\bootsect /nt60 e:

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/countdown/20091007_320009.html

デバイス

種類

PBR - パーティションブートレコード?

  • パーティションのない記憶媒体の第一セクタか、または個々のパーティションの第一セクタ
  • ブートセクタであることを示すため、2バイトの16進数 0xAA55 で表されるブートセクタ・シグニチャをそのセクタの最後尾に書き込んでおく

MBR

  • パーティションのある記憶媒体の第一セクタ
  • 、どのパーティションがアクティブであるかを判断して、PBRコードを起動するコード

メモ

  • PC/AT互換機?では、BIOSPBRMBRを区別せず、パーティションも認識しない。BIOSは単に記憶媒体の第一セクタをロードして実行するだけ
  • ブート可能な記憶デバイスの第一セクタに格納されているものは、OSをブートするコードである必要はない。BIOSは単にそこにあるものをロードしてそれを実行するだけであり、その際にセクタの最後の2バイトが0xAA55になっていさえすればよい

関連

参考