最終更新:2016-04-12 (火) 15:18:44 (1545d)  

Linux/マルチタッチ
Top / Linux / マルチタッチ

Linuxカーネル/バージョン

  • Multi-touch events were first catered for in kernel 2.6.30 and were officially released with 2.6.31 so any distribution using this release will cater for some form of multi-touch support.

プロトコル

Linux/マルチタッチ/type A - ステートレス?

Linux/マルチタッチ/type B - ステートフル?

ドライバ

Linux/マルチタッチ/イベント

Android

  • Linux 2.6.36から新しいマルチタッチプロトコル(通称protocol B)のサポートを始めましたが、
  • Android側、少なくても公開ソースの2.3バージョンまでは、まだ古いプロトコル(通称protocol A)しか対応できていません。

ENAC

メモ

  • ENACが開発したマルチタッチドライバは、Linux 2.6.30に対応。直接カーネルと通信する方式を採用、ドライバ稼働時にはデバイスファイル「/dev/input/eventX」が有効となり、X Window Systemへ依存せずマルチタッチデバイスの利用が可能となる。

First, the requirements:

  • A multitouch-capable device
  • A kernel that correctly handles the multitouch device
  • An X.Org Server 1.7 and above (with MPX inside)
  • Tools to compile programs (automake, autoconf, gcc, xorg-devel?, etc...)
  • Time

ツール

Ubuntu

[   42.353693] usb 1-1.2: new full-speed USB device number 4 using ehci_hcd
[   42.556644] input: QUANTA OpticalTouchScreen as /devices/pci0000:00/0000:00:1a.0/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/input/input15
[   42.556754] hid-multitouch 0003:0408:3001.0007: input,hidraw4: USB HID v1.10 Device [QUANTA OpticalTouchScreen] on usb-0000:00:1a.0-1.2/input0

参考

Fedora

Fedora 17

  • Fedora 17 の X サーバーとライブラリは、X Input 拡張のバージョン 2.2 をサポートし、これにはマルチタッチ サポートが含まれています。これを採用するアプリケーションは、今後 Fedora でのマルチタッチのサポートの 恩恵を受けることができるでしょう。

Fedora 21

GNOME

GNOME 3.14

  • タッチスクリーンでマルチタッチジェスチャーを使ってシステム操作ができるようになりました。

X Input Extension

  • XI2のv2.2でマルチタッチ対応

ドライバ

関連

参考