最終更新:2008-01-21 (月) 10:33:06 (4904d)  

Microsoft.DirectX
Top / Microsoft.DirectX

.NET Framework/クラスライブラリ

この名前空間は、例外処理、単純なヘルパー メソッド、行列に使う構造体、クリップ面、クォータニオンベクトル操作など、DirectX アプリケーション プログラミングのユーティリティ操作およびデータ格納を提供する。

Microsoft.DirectX

クラス

  • DirectXException - DirectX のすべての例外に対するルート例外クラス。
  • DXHelp - Managed DirectX に対するさまざまなヘルパー関数。
  • MatrixStack? - アプリケーションでは、MatrixStack? オブジェクトのメソッドを使って、行列スタックを操作する。

構造体

  • Matrix - 行列を記述する。
  • Plane - 平面を記述する。
  • Quaternion - クォータニオンを記述する。
  • Single16
  • Vector2 - 2 次元 (2D) 空間のベクトルを記述する。
  • Vector3 - 3 次元 (3D) 空間のベクトルを記述する。
  • Vector4 - 4 次元 (4D) 空間のベクトルを記述する。

下位クラス

  • Microsoft.DirectX.AudioVideoPlayback?
    • AudioVideoPlayback? のアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) は、オーディオ ファイルとビデオ ファイルの基本的な再生と単純な制御を実現する。
  • Microsoft.DirectX.Diagnostics?
    • DirectX Diagnostics のアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使うと、DirectX Diagnostics Tool (DxDiag?) で収集した情報をプログラムから問い合わせることができる。
  • Microsoft.DirectX.Direct3D
    • Microsoft Direct3D® は、下位レベルのグラフィック API である。この API を使うことで 3 次元オブジェクトのビジュアル モデルを操作したり、ハードウェア アクセラレーションを利用したりできる。
  • Microsoft.DirectX.DirectDraw
    • Microsoft® DirectDraw® を利用すれば、ディスプレイ メモリ、ハードウェア ブリット、ハードウェア オーバーレイ サポート、フリップ サーフェイス サポートを直接操作できる。