最終更新:2015-04-08 (水) 01:38:13 (1957d)  

Windows/デバイスドライバ/署名

http://blogs.msdn.com/b/jpwdkblog/archive/2011/08/29/10201505.aspx

方法

テスト署名の利用

  • デバッグでの使用を目的とした方法です。テスト証明書を使用し、ドライバーに対するカタログファイルを作成することで、64bit OSへのインストールが可能となります。
  • ただし、インストール先 パソコンをテストモードへ移行する必要がありますので、あくまでテスト(デバッグ)目的での利用となります。
  • bcdedit /set TESTSIGNING ON

リリース署名の利用 (Authenticode署名,自己署名?)

  • 製品販売への利用を目的とした方法です。認証局VeriSignなど)が発行した証明書を使用し、ドライバーに対するカタログファイルを作成することで、64bit OSへのインストールが可能となります。
  • リリース署名は、WHQLロゴ認証を受けたドライバと異なり、発行元信頼をユーザーに問い合わせるためのダイアログが表示されます。

WHQLロゴ認証の利用

  • WHCK(旧DTM)試験を行い、Microsoft署名済みのカタログファイルを利用する方法です。
  • リリース署名と異なり、”Windows Updateからのドライバー配布”などMicrosoftが提供しているサービスを利用可能となります。この署名を取得するためには、認証代行業者へ委託する必要があります。

ドライバー署名の強制を無効にする

  • PCを再起動すると効果が切れる

Windows 7

  • Windows起動時に[F8]キーを連打して、詳細ブートオプションを表示

Windows 8

  • チャームから
  • bcdedit /set advancedoptions on - 毎度起動時にスタートアップ設定を表示

参考

関連